ご挨拶|オーエム金属工業株式会社
■オーエム金属工業株式会社
 トップページ » ご挨拶
  ■ ご挨拶
オーエム金属
 
オーエム金属
 
モノづくりを通じて、グローバルな規模でお客様や社会に貢献することで、企業として成長することを目指してまいります。


オーエム金属工業株式会社は、昭和52年に株式会社オーエム製作所宍道工場の鋳造部門の分離独立により操業を開始しました。
 
当社は、鋳造を中心に永年にわたってモノづくり基盤技術を培ってまいりましたが、近年加工及び組立部門の拡充を行い「素形材から、製品までを一貫生産」を経営方針に掲げ素材からアセンブリまでを行える体制を整えております。
 
オーエム金属

代表取締役社長 岡 順治

わが国の鋳造業は品質の高さ、安定した供給体制、納期、多品種少量生産への対応など、製造業のサポーティングインダストリー(モノづくり基盤技術)として、日本の産業発展に大きな貢献をしてきました。しかし、リーマンショック後の景気低迷や国内産業の空洞化、中国等の台頭、さらには東日本大震災による製造業への大きな打撃など、さまざまな課題が山積しているなか、わが国の鋳造産業は、出荷額、事業所数、従業員数のいずれも減少傾向が続いている状況下にあります。
 
このような業界の経済情勢に即応して、わが国のモノづくりの原点に立ち返り、経営者並びに従業員一同、常に課題認識と危機意識の共有を持って、鋳物、加工、組立の三位一体で、付加価値のある製品をご提供する事に心がけております。
 
また、当社は第二種エネルギー管理指定工場として、低炭素社会に向けてのCO2の削減の取り組みを強化するために、平成20年に環境省が実施する「第4期自主参加型国内CO2排出量取引制度(JVETS)」に参加し、目標の削減値を大きく上回る実績を上げる事ができました。エネルギーを大量に消費する企業の責任において、これからも一層環境対策への取り組みを続けてまいります。
 
今後は、現在事業の柱としていますOMブランドの工作機械のOEM生産に加え、当社の強みである工作機械と自動包装機械の生産技術の融合と革新による製品群の充実を行い、外販事業の拡大に努めてまいります。尚、地元企業との協業や産官学連携による事業展開も積極的に推進してまいります。
 
当社は、モノづくりを通じて、グローバルな規模でお客様や社会に貢献することで、企業として成長することを目指してまいります。
今後とも一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。



 
経 営 方 針

 


1.製造機能を最大限に発揮した業態の変革

2.鋳物事業、加工事業、組立事業にプラスワンとして融合した事業を

   確立

3.自社の工機及び自動機技術を活用し、グループの協業を含めて展開

4.
素材からアセンブリまでの技術集団を目指す

5.後継者育成