沿革|オーエム金属工業株式会社
■オーエム金属工業株式会社
 トップページ » 沿革
  ■ 沿革
オーエム金属
 
 
オーエム金属

沿革  (設立後から現在までの主な出来事) 
昭和49年10月 (株)オーエム製作所宍道工場内鋳造工場、建屋を中心に新設備増設により最新設備で稼働開始
昭和52年11月 (株)オーエム製作所宍道工場の鋳造部門の分離独立により当社設立
昭和63年 9月 高周波誘導炉1トンを1基導入、一部電気炉操業開始
平成 2年 8月 木型倉庫新設
平成 4年 3月 フラン造型ライン・木型倉庫を親設
平成 5年 4月 (株)オーエム製作所宍道工場より特高圧変電所を購入
平成 7年12月 工作機械用大物フラン造型ライン新設
平成13年 5月 低周波保持炉に代え低周波誘導炉4トンを1基導入
平成18年 7月 製造委託方式による中国調達開始
平成21年 3月 オーエム技研(株)より加工事業部門譲り受け、素材から最終部品までの一貫生産体制へ
平成21年 4月 高周波誘導炉5トンを2基導入、キュポラ操業から完全に電気炉操業へ転換発光分析装置更新
平成21年 4月 老朽化により機械造型ライン(AVS)稼働停止
平成22年 3月 新規事業展開のため大型立旋盤(テーブル2m)を導入
平成23年 7月 ダイワボウホールディングス(株)と(株)オーエム製作所グループ経営統合により、ダイワボウホールデイングス(株)の傘下に入る。
平成23年 7月 (株)オーエム製作所宍道工場より小型工作機械事業部門を譲り受け、素材から最終製品までの一貫生産体制へ
平成26年 3月

小型工作機械、国内外へ300台出荷達成  ⇒ 詳細